お知らせ

株式会社アクタガワ ぺんぎん保育園 > お知らせ > ぺんぎん保育園の運動プログラム~サーキット遊び~

メールでのお問合せ

ぺんぎん保育園の運動プログラム~サーキット遊び~

こんにちは、ぺんぎん保育園に月2回ほど運動遊びのアドバイザーとして勤務している理学療法士の鈴木三恵です。

今日は、ぺんぎん保育園の運動遊びの主軸にもなっている、
サーキット遊びについてご紹介します。

『繰り返し遊ぶことで経験値を積む』

「サーキットあそび」は、コース上にいろいろな運動課題を設け、スタートとゴールを同じ位置にすることで、繰り返し行うことができる回路状のあそびです。コースの中で、ジャンプや跨ぎ動作、平均台、坂道、トンネルなどの様々な運動を行うので、遊びながら自然と体力や運動能力が高まっていきます。また、同じコースを繰り返すことにより、さっきはできなかった課題がクリアできたり、違う方法を思いついたり、試してみたりと、運動学習に必要な「トライ&エラー」の機会を得ることができるのです。

『トライ&エラー:挑戦と失敗の大切さ』

子ども達は一つの課題に直面した時、膨大な環境情報(目の前の障害物の形や大きさ、色、距離、幅など)と自分の身体情報(体の大きさ、手の長さ、歩幅、今まで体を動かした時の記憶など)を頭の中で巡らせ、課題をクリアするための最適な方法を探し出そうとします。

しかし、初めてチャレンジする課題に一回で成功するばかりではありません。勿論、一回で成功して感覚を掴めることもあるでしょう。ですが多くの場合は失敗を繰り返す中で、バランスの取り方や力加減、距離感の調節などの身体の使い方を、意識的にも無意識的にも学んでいきます。こうした運動学習を繰り返すことで、子ども達の身体感覚は磨かれ、より高度なパフォーマンスができるようになっていくのです。

少し難しい話になってしまいましたが、要するに「繰り返し挑戦することで上達する」のは、こうしたトライ&エラーによる運動学習の結果ということです。

そして、この過程を効率良く、そして楽しく行えるのが「サーキットあそび」です。サーキットあそびは子どもたちの運動能力に応じて、コースを作り替えることもできるため、年齢や発達段階、体力レベルに合ったコースで楽しく運動あそびを経験することができます。

 

ぺんぎん保育園で行っているサーキット遊びの様子

人間は、指や目などの感覚器官から受けた刺激を、知覚神経を介して脳で認知します。そして、脳で情報を選択・整理し、判断したことを運動神経を介して筋肉に伝え、運動を起こします。これを繰り返すことによって、感覚器官とそれに応じてからだを動かす筋肉や関節の連携がスムーズになり、目的に応じた動きができるようになります。子どもは、それぞれの感覚器官の名称や位置、大きさ、役割を理解すると、自分のボディイメージ(自分のからだの部位や大きさがこれくらいという実感)をつかむことができ、身体認識力が身についてきます。そして、運動の範囲を広げ、用具や遊具などを用いて遊ぶことで、物体と自分のからだの位置関係を把握して安全に動く空間認知能力が育っていきます。

 

「感覚統合」で大切なのは、「触覚」と「前庭感覚(バランス感覚)」、「固有感覚(運動感覚)」です。この3つの感覚を適切に働かせ、からだ全体を協調させるように促していきましょう。「前庭感覚(バランス感覚)」は、重力に対してまっすぐに立って姿勢を維持したり、からだのバランスを取ったりする感覚です。「固有感覚(運動感覚)」は、筋肉や関節の中で得る感覚を総称したもので、それを感知することで力の加減をする運動感覚のことです。

回転したり、上下、前後などに動いたりして、速度や揺れを感じさせ、感覚を刺激する運動あそびを多く取り入れると、「前庭感覚」や「固有感覚」の統合を促します。具体的には、トランポリンやすべり台、傾斜マットでの転がりあそび等があります。このような動きの経験は、前庭感覚が過敏すぎる子どもは嫌がることがありますが、反対に鈍麻していると必要以上に好みます。また、平均台やトンネル、はしご、マットをサーキットあそびに組み入れると、「立ち直り反射」(重力に対してまっすぐに立つ)や「平衡反応」を強化します。

いろいろな場面に応じて、からだをスムーズに動かすためには、身体認識力や物体と自分のからだの位置関係を捉える空間認知能力を育てていくことが大切です。まず、高い高いやぐるぐるまわし、大玉乗り、ハンモック等で不安定な動きに慣れさせ、恐怖心を取り除くようにします。全身運動のできるサーキットあそびに、鉄棒やトンネルをくぐったり、物をよけて通ったりする運動を取り入れると、自分のからだの大きさを感じ取らせ、ボティイメージを作る訓練として、大変有効です。ぜひ取り組んでみてください。

 

関連記事もご覧ください。

◇ぺんぎん保育園の特徴的なプログラム

運動遊びの効果について~ジャンプ(飛び跳ね運動)

 

◇ぺんぎん保育園 上足洗の様子

【上足洗】ハロウィンの想像と創造

【上足洗】お砂場遊びと子どもの発達☆彡

2021年度入園 園児募集中!

静岡市葵区にあるぺんぎん保育園(上足洗)、静岡市駿河区のぺんぎん保育園 豊田では、2021年度入園の園児を募集しています!

入園希望・見学希望等、随時受け付けております。

今年度の入園についてのご相談も受け付けております(^^)

ぺんぎん保育園(上足洗) 概要

名  称:ぺんぎん保育園(上足洗)

住  所:静岡葵区上足洗3丁目14-39

定  員:0~2歳児 12名

開所時期:2017年9月

営業時間:月曜日~土曜日 8:00~19:00(休園日:日・祝・年末年始)

その他:病児保育・病後児保育を実施

ぺんぎん保育園 豊田 概要

名  称:ぺんぎん保育園 豊田

住  所:静岡市駿河区豊田1丁目1-41

定  員:0~5歳児 19名

開所時期:2019年4月

営業時間:月曜日~土曜日 8:00~19:00(休園日:日・祝・年末年始)

その他:病児・病後児保育を実施

 

入園と当社への就業を同時に行うことも可能です。

病児保育・病後児保育は他園に通われている方にもご利用いただけます。

ご興味のある方は下記お問合せ先からお気軽にご連絡ください(^^)

 

ぺんぎん保育園についてはこちらから!

◇ぺんぎん保育園の特徴やポイントをご紹介

ぺんぎん保育園ってどんな園??

◇ぺんぎん保育園を利用している方にインタビュー

保護者の声~第2弾~

◇facebookでも情報を更新しています!

→ facebookページを開設しました

お問合せ先

下記電話番号またはお問合せフォームよりご連絡ください。

TEL:0120-156-419

受付時間:月曜日~土曜日9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)