【上足洗】絵本から広がるあそび~トマトさん~

ぺんぎん保育園では、絵本の読みあいを通じて遊びを広げる保育をおこなっています。

絵本から遊びを広げることで、子どもたちの想像力を豊かにし、絵本を通じてたくさんの言葉にふれたり、想像の世界を友だちや保育士と一緒に楽しみ共有することで表現力も育まれていきます。

今月の絵本「トマトさん」

今月の絵本はこのとってもインパクトのある「トマトさん」です。

作:田中 清代  出版社:福音館書店

ある暑い夏の日、真っ赤に熟れたトマトさんが地面に“どった”と落ちてしまいます。

こんなに暑いと、ひからびちまう!とミニトマトたちは川へ飛び込んでいきますが、

トマトさんは体が重くて転がることができず、ぽろりと涙を流します。

そんなトマトさんのために虫たちが集まってきて、みんなでトマトさんを転がします。

ごろんごろん ごろごろ じゃっぷーん!

川に転がり落ちたトマトさんは、ミニトマトたちや魚たちと

気持ちよさそうに“どっぶんとぷん”と泳ぎます。

“ごろんごろん” “ぽっちょん ぽよん” といった言葉のリズムや

トマトさんの迫力満点の表情も見どころとなっています。

トマトさんのように転がってみよう!

運動あそびの中でも子ども達に人気のマット運動。

低い下り坂を、トマトさんになりきって転がってみました。

ごろごろごろごろ♪のリズムに合わせて、前転!

体を横に伸ばして、ゆっくりと横回転!

体を小さくすると、ころころころ♪とミニトマトたちみたいです。

転がった後は、台から両足ジャンプ!

ぼっちゃ~んのリズムに合わせて、そ~れ!とジャンプ☆

トマトさんの気持ちになったのかな?リズムに合わせると楽しいのかな?

いつにも増して子ども達の笑い声が響きました。

子ども達のお気に入りは虫たちの登場シーン

保育士は絵本の中の「トマトさん」に着目して、活動の展開を考えていましたが、

「トマトさん」の読み合いの中で、子ども達が一番興味を示したのは、意外にも虫たちの登場シーン。

転がることのできないトマトさんのために、アリやミミズやカナブンなど様々な虫たちが出てくるのですが、

立ち上がって声をあげて喜ぶほど大興奮!!

そんな子ども達の心が動いたお気に入りのシーンを遊びに広げていきたいと準備しています。

関連記事もご覧ください!

【豊田】絵本から広がるあそび~わにわにのおふろ~

お知らせ 「ぺんぎん保育園 豊田 園児募集中!」

今年度開園したぺんぎん保育園の第2園目となる「ぺんぎん保育園 豊田」では園児を募集しています!

入園希望・見学希望等、随時受け付けております。

ぺんぎん保育園 豊田 概要

名  称:ぺんぎん保育園 豊田

住  所:静岡市駿河区豊田1丁目1-41

定  員:0~2歳児 19名(将来的に3~5歳児も対応を予定)

開所時期:2019年4月

営業時間:月曜日~土曜日 8:00~19:00(休園日:日・祝・年末年始)

そ の 他:病児保育・病後児保育を実施しています

 

入園と当社への就業を同時に行うことも可能です。ご興味のある方は下記お問合せ先からお気軽にご連絡ください(^^)

 

ぺんぎん保育園 豊田の情報はこちらから!

◇9月に第2弾☆ぺんぎん保育園 豊田で子育て支援イベントを開催します!

第2弾!ぺんぎん保育園豊田に遊びにおいでよ!

◇facebookでも情報を更新しています!

facebookページを開設しました

お問合せ先

下記電話番号またはお問合せフォームよりご連絡ください。

TEL:0120-156-419

受付時間:月曜日~土曜日9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)