こどもに食べさせたい夏バテ予防の食材

こんにちは。管理栄養士の山内です。

日中の暑さだけでなく、日が暮れても気温が下がらず、寝苦しい夜が続いていますね。

お子さんの体調はいかがでしょうか?

食欲がない、ぐっすり眠れない、だるそうといったことはありませんか?

連日の暑さで、体に疲れが溜まってくる時期なので、ちょっとした体調の変化には早めに気づいてあげたいですね。

いわゆる「夏バテ」とは、医学的な用語ではなくはっきりした症状の定義がある病気ではありません。

「体が重い」「だるい」「なんとなく調子が悪い」「食欲がない」など、体調変化全般が夏バテと呼ばれており、

胃腸の不調をともなうこともあるようです。

気温が高い夏は、体温調整にも大きなエネルギーを使います。それに加えて、暑さによる睡眠不足や食欲不振で、体はエネルギー不足が続いている状態です。このような状態が夏バテに繋がると考えられています。

先日も看護師コラム「暑さに負けない体づくり」夏バテ対策を ご紹介しましたが、今回は夏バテを予防、改善する食事のポイントについてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

夏バテ予防の食べ物

たんぱく質

身体をつくる材料となります。食欲がなくなると、食事の低下に比例してたんぱく質の摂取量も不足してしまう為、意識して摂りましょう。

たんぱく質を多く含む食材

肉(鶏ささみ、豚ひれ肉、牛もも肉など脂肪の少ない肉)、魚、豆、大豆製品、卵

ビタミンB1

疲労回復に欠かせない栄養素です。食事から摂取した糖質を体内でエネルギーに変えたり、疲労物質を分解する働きがあります。ビタミンB1は体内に蓄えておくことができず、汗とともに排出されやすいため、発汗量の多いこの時期は不足しがちです。

ビタミンB1を多く含む食材

豚肉(特にひれ肉やもも肉)、卵、玄米

ビタミンC

ストレスを軽減するホルモンを合成する働きがあります。暑さや疲労を感じると、ストレスを軽減するホルモンが多く分泌されますが、この時ビタミンCが大量に消費されるためストレスが多いとビタミンCが不足してしまいます。ビタミンCは体内で合成できないので毎日の食事から摂ることが大切です。

ビタミンCを多く含む食材

果物(特にキウイフルーツやオレンジ等)、野菜(特にじゃがいも、ブロッコリー、パプリカ等)

効率よく栄養素を摂取するためのポイント

これらの栄養素を効率よく摂取するためには調理の工夫も必要です。

ビタミンB1とビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いため、水にさらしたり加熱したりする時間を短くするよう調理は手早く行うと良いでしょう。

果物などそのまま食べられる食材を積極的にとるのもおすすめです。

また、麺類を食べる時は、ほぐした鶏ささみや千切りにしたきゅうり、トマト、わかめ、ゆで卵などをのせると一品でも様々な栄養素を摂ることができます。

他にもカレーやヨーグルト等に夏バテ予防効果のある食材をプラスすることで、子どもが食べやすい夏バテ解消メニューにすることができます。

栄養バランスの良い食事とともに良質な睡眠、適度な運動、こまめな水分補給を心掛け夏バテに負けずに残りの夏を元気に乗り切りたいですね。

関連記事もご覧ください!

管理栄養士コラム「いよいよ夏本番!水分補給のポイント」

お知らせ 「ぺんぎん保育園 豊田 園児募集中!」

今年度開園したぺんぎん保育園の第2園目となる「ぺんぎん保育園 豊田」では園児を募集しています!

入園希望・見学希望等、随時受け付けております。

ぺんぎん保育園 豊田 概要

名  称:ぺんぎん保育園 豊田

住  所:静岡市駿河区豊田1丁目1-41

定  員:0~2歳児 19名(将来的に3~5歳児も対応を予定)

開所時期:2019年4月

営業時間:月曜日~土曜日 8:00~19:00(休園日:日・祝・年末年始)

そ の 他:病児保育・病後児保育を実施しています

 

入園と当社への就業を同時に行うことも可能です。ご興味のある方は下記お問合せ先からお気軽にご連絡ください(^^)

 

ぺんぎん保育園 豊田の情報はこちらから!

◇9月に第2弾☆ぺんぎん保育園 豊田で子育て支援イベントを開催します!

第2弾!ぺんぎん保育園豊田に遊びにおいでよ!

◇facebookでも情報を更新しています!

facebookページを開設しました

お問合せ先

下記電話番号またはお問合せフォームよりご連絡ください。

TEL:0120-156-419

受付時間:月曜日~土曜日9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)