子どもにも伝えたい和食の文化

こんにちは!管理栄養士の山内です。

朝晩の冷え込みが少しずつ強まり、

私も子どもの園行事や家族での行楽の予定に合わせて体調管理にいつも以上に気を配る日々を過ごしています。

今回は和食についてのお話です。

和食は2013年にユネスコ世界遺産に登録され、

ここ数年、欧米の和食ブームは加速し、

日本食レストランが急増しているようです。

なかには誤った知識で本来の日本食とはかけ離れた料理が提供されているお店もあるようですが、

健康志向の高まりとともに国内外問わず注目されています。

和食の特徴

豊かな食材

日本は南北に長く、海、山、里と豊かな自然が広がっているため、その季節で新鮮な食材が豊富にとれます。

また、素材の味わいを活かす調理技術も発達しています。

健康的な食生活を支える栄養バランス

ご飯を主食に、汁物、主菜1品、副菜2品の一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスといわれています。

また、和食の基本であるだしの「旨味」を上手に使うことによって、

素材の味が活きるので動物性油脂の使用を減らし、長寿や肥満防止に役立っています。

自然の美しさや季節を表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。

季節の花や葉などで料理を飾り付けたり、季節に合った器を利用したりして季節感を楽しみます。

年中行事との密接な関わり

日本の食文化は年中行事と密接に関わって育まれてきました。

お正月をはじめ、1年間の様々な行事と関わり、各家庭や地域で受け継がれてきた食文化が多くあります。

昔から行事食を通して家族の絆を深めてきました。

和食を健康的に食べるには

健康的で理想的な和食にも注意すべきことがあります。

それは塩分過多とカルシウム不足です。

注意すべきこと①塩分過多

漬物や干物などは水分量を減らし、塩分濃度を高くすることで保存性を高めるという先人の知恵から生まれた加工食品ですが、塩分の過剰摂取にもつながってしまいます。

現在は流通が発達しているので、強めの塩分で漬け込む必要性は低くなっていますが、

古漬けなどはしっかりと塩抜きしたり、塩分量を減らして浅漬けにしたり工夫して利用すると良いですね。

また、煮物も塩分過多になりがちですが、だしの旨味を十分に含ませて調味料の使用を減らせば

塩分量が少なくてもおいしく、濃い味に感じることができます。

そのほかにも、醤油をだし割醤油にするだけでも減塩効果が期待できます。

注意すべきこと②カルシウム不足

カルシウム不足になりやすい理由は、日本の国土の多くがカルシウムなどのミネラル含有量が少ない火山灰地であること、水も軟水であることからその土地で育つ農産物もその含有量が少なくなるためです。

また、和食で使用される小魚や緑黄色野菜、大豆にもカルシウムは含まれますが、乳・乳製品のカルシウム含有量とその吸収率には劣ります。

そこで、最近は和食と牛乳を合わせた「乳和食」というものも注目されはじめているんです。

実は乳・乳製品は和食との相性がとても良く、かつお節や昆布のだしで煮た具材に牛乳を加え味噌で調味し、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけた和風シチューがこれからの季節おすすめです。

牛乳でカルシウムが補え、コクがプラスされるので減塩効果もます。

子どもや高齢者にも食べやすいですよ。

子どもと一緒に和食について考える

家庭では小さなお子さんとどんな風に和食にかかわる取り組みをしたらよいでしょうか?

和食を献立に取り入れる

和食より洋食の方が人気があるかもしれませんが、和食に食べなれてくるとおいしさがわかるようになってきます。

食事のマナー

・「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつ

・背筋を伸ばしてきちんと座る

・スプーンやお箸をきちんと持つ

・お茶碗を持つ、器に手を添える

等の基本的なマナーは身に付けると、とても食べやすくなります。

これは楽しく食べることにつながっていきます。

季節の食材と体験

一緒に散歩をして畑を観察したり、買い物に行きお店に並んだものをみたりして、旬の食材から季節感を感じることも良いですね。

また、野菜の栽培や収穫に関わる機会があればぜひ体験させてあげたいですね。収穫したものを料理して出すことにより、自分たちが作った野菜だという喜びを感じながら食べるようになります。

ぺんぎん保育園でも、季節の食材を栽培したり、食材に触れたりする機会を作っています。

【豊田】手作り野菜を収穫♪みんなで食べたよ♬

 

小さなお子さんには少し難しい話かもしれませんが、

子どもたちが食の大切さを学ぶ重要な時期から伝えていくことで、

これまで受け継いだ日本の素晴らしい食文化を子どもたちがまた受け継いでいってくれると思います。

過去の管理栄養士コラムもご覧ください

◇子どもの好き嫌い克服のヒント

◇新米の季節です!

お知らせ 「2020年度入園 園児募集中!」

静岡市葵区にあるぺんぎん保育園(上足洗)、静岡市駿河区のぺんぎん保育園 豊田では、2020年度入園の園児を募集しています!

入園希望・見学希望等、随時受け付けております。

今年度の入園についてのご相談も受け付けております(^^)

ぺんぎん保育園(上足洗) 概要

名  称:ぺんぎん保育園(上足洗)

住  所:静岡葵区上足洗3丁目14-39

定  員:0~2歳児 12名

開所時期:2017年9月

営業時間:月曜日~土曜日 8:00~19:00(休園日:日・祝・年末年始)

その他:病児保育・病後児保育を実施

11月、12月に見学会を開催いたします。

【上足洗】見学会のおしらせ

ぺんぎん保育園 豊田 概要

名  称:ぺんぎん保育園 豊田

住  所:静岡市駿河区豊田1丁目1-41

定  員:0~5歳児 30名(2019年度は0~2歳児のみ対応しています)

開所時期:2019年4月

営業時間:月曜日~土曜日 8:00~19:00(休園日:日・祝・年末年始)

その他:病児・病後児保育を実施

 

入園と当社への就業を同時に行うことも可能です。

病児保育・病後児保育は他園に通われている方にもご利用いただけます。

ご興味のある方は下記お問合せ先からお気軽にご連絡ください(^^)

 

ぺんぎん保育園についてはこちらから!

◇ぺんぎん保育園の特徴やポイントをご紹介

ぺんぎん保育園ってどんな園??

◇ぺんぎん保育園を利用している方にインタビュー

保護者の声~第1弾~

◇facebookでも情報を更新しています!

→ facebookページを開設しました

お問合せ先

下記電話番号またはお問合せフォームよりご連絡ください。

TEL:0120-156-419

受付時間:月曜日~土曜日9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)