【上足洗】絵本から広がる遊び~せんろはつづく②~

大きな紙に、びゅーう、びゅーうっと豪快に青い絵の具を塗っている子どもたち。

この紙があるものに変身します。なんだと思いますか?

答えは…

池です!

子ども達の手形でお魚も作ってたくさん泳がせました。

 

絵本「せんろはつづく」にも池が出てくるので、

前回の記事で作った保育室の線路の横に池を設置。

線路を歩くときに「おさかなさーん」と手を振って呼びかけたり、

「わたしが作ったおさかなはどこかな?」と探したりと

園児それぞれ、自分たちが作った池とおさかなに親しみを持っていました。

そこで保育士たちで、さかな釣りで遊ぼうと準備しました。

2歳児さんたちはみんな上手に糸をたらして釣りあげます。

1歳児さんも、保育士と一緒に挑戦!

おさかなを狙う真剣な顔をしたり、

「とれた!」とおさかなを見せてくれながら嬉しそうな顔になったり、

くるくると表情を変えながら楽しんでいました!

しばらく釣りを楽しんでいましたが、ある子がおさかなにご飯をあげる仕草をし始めると、

他の子どもも加わって、みんなでおさかなにご飯をあげる遊びに変化しました。

たくさんご飯をもらって、おさかなさんも満足です。

子どもの中から湧いたイメージが周りの子どもたちにも伝わり、

遊びが広がった素敵な場面でした。

関連記事もご覧ください!

【上足洗】絵本から広がる遊び~せんろはつづく①~

【上足洗】絵本から広がる遊び~おにぎり~